日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10月20日(金)

18日以降は一回の取引のみ。同値して終わり。
今月ほぼ、プラマイ0

前回断念したシステム運用を
再びやり始めようと、研究しなおしている。
ただし自動売買でもなく、場中のエントリーでもなく、
寄り引けで売買するというシステム。
なので自動売買は必要ない。

前回のシステムは場中順張りシステムで、
事前に登録された銘柄がコンピュータの判断した
値段を付けたら、その値で買指し発注するというシステムで、
例えば、1000円がついたら、1000円を指値で自動で
発注して買うというシステムだった。

しかし、結果として本当に大きく上がる銘柄ほど、
その指値が成立しない場合が多く、
大きくプラスになる銘柄ほど、取り逃しやすい。

25日線から、大きく下方に乖離している銘柄を
銘柄毎に反発ポイントを捉えるような仕組みにしていたが、
ここぞというポイントでは大きく一方通行に
上昇する事が多く、自動売買では不執行が多く断念。
やはり、目をつけた銘柄はある程度自分で見て
ここという時に入っていかないといけないという事が
分かった。 
しかし、人間が30銘柄監視して、銘柄ごとのポイント
を把握して、そこをうまく買って行く事は
不可能と判断し、このシステム自体の運用を
断念した。

今度自分が思いついたアイデアは、
売りと買いが両方あるシステムで、そこそこいい結果出るのでは
ないかと期待している。基本は寄り引けの売買なので、
執行も問題ないと思われる。

検証に関しては、ここからがかなりの時間を要するので、
しばらくは、それに没頭してみたい。
検証した結果使えないって事が判明する場合もあり、
その場合は再び断念する事になるだろう。

まあ、実際使いものになるかはむずかしい。
どっちみち今まで買のみ、売りのみのシステムを
研究したきたのだが、買い売りを平行して同じくらいの数が
出るシステムを研究していきたいと思う。

スキャルピングでご飯を食べていく事は
可能だとは思うが、やはり年齢を重ねるごとに、
適応できなくなってくると思うし、
スキャルピングは市場が細くなっていくと、
どんどんやりにくくなっていくのだから。

それを考え、時間を引っ張る自分の本来の研究に基づく
売買をやらなければと思うようになった。

自分が尊敬しているトレーダーはみんな、
時間軸の長いトレードの必要性は感じている。
長いと言っても中長期という意味ではありませんが・・
スポンサーサイト


  1. 2006/10/20(金) 16:05:39|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。