日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

MEMO

今日は、全体が上方向に加熱したら、変化日だったし、天井なのかなと思ったけど、
そんな雰囲気はなかった。

もしかしたら、金曜と、今日で押し目が終了した可能性もあると思う。
明日、終値で今日の安値を切って終わるなら、天井を打ったという判断も
テクニカル的には出来る。強い動きをするなら、
押し目完了としてみてもいいかも。

買だと、損切りもすばやく励行しやすいし、明日がプラスサイド維持するなら、
買い方針で、やっぱり考えよう。

自分のスタイルは、場中ポジションを持って、基本は最低引まで、
ひっぱるスタイル。 
日経やトピックスの動きによって、
時間軸を変えているんだけど、
やっぱり、自分の中で全体の流れに対して、相場観を持っておかないと
引っぱれないもんなんですよね。

自分で自分の背中を押すというか、ひっぱるタメに相場観を持つだけで、
実際は相場観なんて持たない方がいいのかも知れないけど・・
時間軸を長く持つようになって、利が乗った玉を持つのが、
いかに苦痛かが、よりわかるようになった。


弱いと思っている時は、前場に買いを入れても、1時までで全部手じまうとか
出来るし。

上記の通り明日の動きがマイナスにならないようだと、
買い玉を少し時間軸を長く持つ方向でもトレードでしてみよう。

要は、利の乗った玉を予定どおりの時間軸や値幅で持つこと。
設定されたロスカットの励行。
これに尽きる。
まぁ、前よりはだいぶひっぱれるようになったし、管理も出来るように
なったから、少しは成長していると考えることにしよう。


『相場の判断にすぐれ、かつ辛抱強い人というのはなかなかいない。
 それは習得するのが最も難しい技だと思う。
 これが難しいのは、いかに状況判断は正しくとも、
 相場が予測された通りに動くまでに時間がかかる場合、
 どうしても疑念が生じ辛抱できなくなるというのが人間の本質だからだ。
 彼らは相場に負けたのではない。
 判断力はあるのに辛抱できなかったという点で、自分に負けたのだ。』

ジェシー ・ リバモア


スポンサーサイト
  1. 2008/05/19(月) 16:02:05|
  2. オフ

メモ

今日は押し目買いの急所だと思い、昨日買った先物は寄り付きで投げて、
朝方の安いところを買おうと、10銘柄購入。

朝方買ったものが前引の時点で引かされているという状況にはならないと
いう予想だったのだけど、実際には引かされていたので、前場中に撤退した。
利が乗っていたなら、火曜日くらいまでは持っておこうと思ってたんだけど。

月曜日がGUで始まるなら、一旦売られそう。
だけど、それで売り込まれたら、また上方向に戻るような感じの相場観。
大幅なGDなら、灰汁抜けもしやすそうなので、積極的に買ってよいかな。


月曜日は変化日だし。



  1. 2008/05/09(金) 21:13:50|
  2. MEMO

先物板読み

去年の12月から先物の板読みをコンピューターにさせてるんだけど、
今日の安いところでは、買いがどんどん湧いていた。
(実際それは成立していた)
この押し目を買っているのは、どういう人達なんだろう?

いままではこの状況になったら、いつも強かったので、先物を1枚だけONしてみた。

この押し目を買ってきている人達が明日以降引かされてくるなら、
上昇トレンドも終わりくさいけど、まだ押し目買い基調は続くと思うけどなぁ・・・


  1. 2008/05/08(木) 15:10:23|
  2. MEMO

テスト



  1. 2008/05/02(金) 07:48:02|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。